ハイブリッドマルチクラウド時代のデータ管理

増え続けるデータを武器に変えるための情報サイト「ストレージチャンネル」

「ストレージチャンネル」とは?

データは、企業にとって何よりも重要な競争力の源泉です。あらゆる企業や組織は、増え続けるデータを必要なときに、必要な場所で、さらには、必要な方法で安全に利用できることが理想です。そして、現代社会は、これらのデータをかつてない方法で活用し、データドリブンな組織へと変革する必要があります。

クラウドファーストの時代、企業の情報システムは自社データセンターのみならずクラウドを活用したハイブリッド マルチクラウド環境全体へと、広がりを見せています。そのような環境において必要なことは、データ利用を簡易化し、統合、管理性を高めることが重要になります。当サイトではハイブリッド マルチクラウド時代のデータ管理に役立つ情報、そして、それを実現するためのテクノロジーを全て提供可能なNetAppの情報をお届けいたします。

データファブリックを実現することこそが企業が生き残る道

企業は自社コンピュート環境に加えてAWSやAzureなどのクラウドプロバイダを活用することが一般的になっています。しかし、それらは統合的に管理できずに分断された状態に陥りがちです。膨大な容量の企業データには「重力」があると言われ、その移動や管理には多大なコストがかかります。

一貫したアーキテクチャと機能群でデータの場所を意識することなく管理できたらどんなに素晴らしいでしょうか?ネットアップが提唱するデータファブリックビジョンは、クラウドでもオンプレミスでも、データを自由自在に配置し、最適な場所のコンピューティングと組み合わせ、柔軟なデータプラットフォームの構築を可能にします。データファブリックのための製品提供、それがNetAppの強みです。

豊富な学習リソースをご用意

「ストレージチャンネル」では、企業情報システムを最適化させるためのさまざまな学習用コンテンツをご用意しています。

OFFICIAL SUPPORTER