法人用クラウドストレージは何が決め手? 選定ポイントを解説

 2022.03.04  ストレージチャンネル編集部

企業が扱うデータは年々増加しています。資産たるデータをビジネスへ活かすには、適切に管理できる環境を整えなくてはなりません。データ管理におすすめなのはクラウドストレージですが、何を基準に選定すべきか悩んでしまう方も少なくないでしょう。本記事では、法人用クラウドストレージの選定ポイントをお伝えします。

クラウドストレージの利用価値

クラウドストレージとは、インターネットを介してデータ(ファイル)を保管できるインターネット上の場所のことです。従来、企業では自社にファイルサーバーを設置し、データの管理を行うケースが多かったですが、近年はクラウドストレージを利用する企業が増えています。

クラウドストレージを利用するメリットは、まず初期コストを抑えられることです。クラウドストレージはファイルサーバーと異なり、機器の購入が不要で、専用の場所も必要ありません。

また、クラウドストレージなら保守管理をサービス提供者が担ってくれます。自社で管理するファイルサーバーでは、専門的な知識を有する人件費などのランニングコストが発生しますが、クラウドストレージならそれら費用も大幅に抑えられます。

さらに、ファイルサーバーではデータ量を増設する際に、サーバー機器の購入が必要になり、設置する場所などを決めなければなりませんが、クラウドストレージならプランの変更だけで容易に容量を変更できます。

ほかにもクラウドストレージならインターネットがつながっていれば、社内外どこからでもサーバーにアクセスができ、社外の人ともデータ共有が簡単にできるため、作業の効率化が図れます。

ワークロードを迅速にクラウドへ移行
最適なSAP環境をクラウドに構築

クラウドストレージの選定ポイント

現在、さまざまなクラウドストレージがありますが、法人向けクラウドストレージを選ぶ際には以下の4つのポイントに着目し、自社に合ったものを選びましょう。

運用コスト

法人向けクラウドストレージを選ぶ際には、初期コストだけでなく運用コストにも着目しましょう。どんなに初期コストが安くても、運用コストが高くては、経営を圧迫するおそれがあります。また、料金形態についても必ずチェックしてください。クラウドストレージの料金形態は主に「契約ユーザ数に応じて課金されるタイプ」と「契約データ容量に応じて課金されるタイプ」の2タイプがあり、どちらの料金形態が合っているかは企業のクラウドストレージの使い方によって異なります。

データ容量

多くのクラウドストレージでは複数の料金プランが用意されています。特に契約データ容量に応じて課金されるタイプの料金形態であれば、契約するデータ容量を選ぶ際に注意が必要です。その理由は必要以上にデータ容量が多いプランを選択してしまうと費用の無駄になり、逆に容量が足りないと業務に支障をきたす可能性があるからです。

そのため、料金プランは自社で取り扱うデータがどのようなものが多いのか、どのくらいのデータ量が必要になるのかを将来を見越したうえで決めましょう。

ただし、クラウドストレージであればファイルサーバーと異なり、データ量の見込み違いがあったり、データ量の増減があったりしても料金プランを変更すればいいだけなので安心です。

セキュリティ

クラウドストレージを選ぶうえで、最も重要なポイントがセキュリティ対策です。どれほど大容量かつ使いやすいサービスであっても、セキュリティが脆弱では大切な資産たるデータを預けられません。

特にクラウドストレージでは、ほかのサービスと違いオンラインを介して利用するため、常にサイバー攻撃のリスクにさらされています。万が一情報漏えいやデータの消失、改ざんなどのトラブルが起これば、企業の信頼を脅かす重大な事態に発展するおそれがあります。そのため、どういったセキュリティ対策をしているか必ず確認しましょう。

具体的には「パスワードポリシー」や「2段階認証」の設定はできるか、ネットワーク制限は可能か、データは暗号化されているかといった点です。また、アップロードしたデータがウイルスに感染していないかどうかを自動で確認するウイルスチェックなど、自社の使い方に合った高度で十分なセキュリティ機能が備わっているかを確認するといいでしょう。

対応デバイス

パソコンのみならず、スマートフォンやタブレット端末など、複数のデバイスに対応しているかを確認しましょう。さまざまなデバイスで利用できれば、より自由度の高い使い方ができます。

たとえば、外回りの営業やリモートワークなど、オフィス以外の場所からデータへアクセスしたいケースもあるでしょう。このようなときにスマートフォンやタブレット端末が使用できれば、業務の効率化が図れます。

ただし、端末が対応していてもOSやブラウザのバージョンが対応していないとサービスを利用できないため、スムーズな導入と運用のためにも、契約前に必ずサービスに対応しているかチェックしましょう。

NetAppクラウドストレージとは

自社に合う最適なクラウドストレージサービスをお探しなら「NetAppクラウドストレージ」がおすすめです。ここではインターネットの普及とともに成長してきたNetAppが提供する「NetAppクラウドストレージ」の特徴について紹介します。

ハイパフォーマンス

最先端のテクノロジーを活用した業界トップレベルのNetAppクラウドストレージは、Azureで最も要求の厳しいLinuxとWindowsのファイルワークロードを移行して実行できます。また、SAP HANA、HPC、ハイパフォーマンスのファイル共有、LOBアプリケーションなどの複雑なエンタープライズワークロードに対しても、ベアメタルのパフォーマンス、1ミリ秒の待機時間、そして統合データ管理を実現します。

シンプルなストレージ管理

ストレージ管理のしやすさも、NetAppクラウドストレージの魅力です。AzureポータルエクスペリエンスやPowerShell、CLIなど、なじみあるシステムを利用して短時間で設定を行えます。

シンプルかつシームレスなストレージ管理を実現できるため、従業員の作業負担軽減にもつながります。また、作業時間の短縮は企業にとっても大きなメリットといえるでしょう。

信頼のデータ保護

クラウドストレージを選ぶにあたり、最も重要なセキュリティ対策もNetAppは万全です。なぜなら、AD認証やデータ暗号化、ACLを用いたエクスポートポリシーなど、堅牢なセキュリティ環境を構築しているからです。

ほかにも強固なセキュリティを実現するさまざまな機能が揃っているため、大切なデータ資産を安全な環境で管理できます。

データファブリックという選択肢

自社に合った優秀なクラウドストレージサービスを選べば、企業は大量のデータを保管できます。しかし、保管されたデータは、ただ保管しているだけでは容易に活用できません。そこで昨今、注目されているのがデータファブリックです。

データファブリックとは

データファブリックとは企業に存在するあらゆるデータを一元化できる総合データアーキテクチャのことです。これにより企業発展に欠かせない、データの有効活用ができます。

データファブリックの重要性

データファブリックを導入することで、オンプレミスをはじめ、パブリッククラウド、プライベートクラウド、エッジデバイス、IoTデバイスなど、分断的に管理されていたあらゆるデータにアクセスでき、一元的に管理ができます。

現代においてビジネスで成功を収めるには、データの分析・有効活用が欠かせません。しかし現在、多くの企業ではデータが分断的な管理になっているため、うまく活用できていません。そのため、組織がビジネスニーズに応え、競争力を獲得するためにはデータファブリックが必要なのです。

まとめ

クラウドストレージはファイルサーバーよりも導入コストや運用コストが抑えられ、料金プランの変更も容易です。選定にあたっては、運用コスト、データ容量、セキュリティ、対応デバイスの4つのポイントをしっかりと確認し、自社に合ったものを選びましょう。

また今後、企業がデータ社会で生き残り、発展を続けるためにはデータを有効活用できる環境構築が不可欠です。クラウドストレージも優れたサービスであることは間違いありませんが、一元的なデータ管理と活用を可能にするデータファブリックにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

ストレージ選びを解決! Azure NetApp Files(ANF)とは?

RECENT POST「クラウド」の最新記事


クラウド

オンプレミスのクラウド移行とは?メリットや注意点・選択肢を解説

クラウド

コールドデータとは?コールドストレージの種類を解説

クラウド

Spot by NetAppでクラウドコストの最適化を実現する

クラウド

「FinOps」でクラウドのビジネス価値を洗い直そう

法人用クラウドストレージは何が決め手? 選定ポイントを解説
クラウドへの移行の計画と実行
ブログ購読のお申込み

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング