Windows ファイルサーバー と NetAppとの違い、それぞれの項目で比較

 2020.01.16  ストレージチャンネル編集部

difference-between-win-fileserver-and-netapp-nas.html fileserver

多くの企業におけるクライアントOSとしてWindowsを導入している企業がほとんどです。そのためファイル共有環境としてWindowsファイルサーバーを利用するケースが多いでしょう。Windows Serverにはファイルサーバー機能が標準搭載されていることから、導入障壁が低く、かつクライアントOSと同じようにGUI(Graphical User Interface:グラフィカル・ユーザー・インターフェース)で操作できるため、幅広く利用されています。

ただし、「Windows ファイルサーバーの問題点」でも説明しているように、Windowsファイルサーバーにはいくつかの問題点があり、ビジネス目標を達成するためのファイルサーバー要件を満たすためには、新しいファイル共有環境の構築が急務とされています。

本稿では、新しいファイル共有環境の構築に向けて、WindowsファイルサーバーとNetApp FASの違いについてご紹介しますので、今後の検討材料にしていただければ幸いです。

difference-between-win-fileserver-and-netapp-nas

WindowsファイルサーバーとNetApp FASの特徴

まずは、WindowsファイルサーバーとNetApp FAS、双方の特徴から整理していきます。

Windowsファイルサーバー

Windowsファイルサーバーが広く利用されている理由は、前述のようにGUIベースによるシンプルな操作性と、Windows Serverにファイルサーバー機能が標準搭載されていることが挙げられます。その他の特徴としては、「Active Directory(アクティブ・ダイレクトリー)」によって、ネットワークに接続されている資源やユーザーに関する情報及び権限を、一元管理できるシステムです。Active Directoryを使用することで、組織全体のユーザーを容易に管理でき、かつクライアントパソコンの一括設定等も可能です。「SSO(Single Sing On:シングル・サイン・オン)」を実装すれば、ユーザーの利便性も向上します。

NetApp FAS

NetApp FAS(ネットアップ・ファス)は、NetAppが提供するストレージ製品の総称です。NetApp FASは汎用性が非常に高く、CIFS及びNFSプロトコルを通じてアクセスする「NAS(Network Attached Storage:ネットワーク・アタッチド・ストレージ)」としてだけでなく、iSCSIやFibre Channelといった「SAN(Storage Area Network:ストレージ・エリア・ネットワーク)」ストレージとしても利用でき、1台で複数の接続プロトコルを混在させたストレージ環境を構築できます。要するに、WindowファイルサーバーやUnixファイルサーバーが混在するファイル共有環境であっても、NetApp FASが1台あればそれらの環境を統合できる、ということです。

双方の特徴を整理しただけでも違いが見えてきますが、次項にてWindowsファイルサーバーとNetApp FASの細かい違いについてご紹介します。

WindowsファイルサーバーとNetApp FASの違い

それでは、さまざまな観点からWindowsファイルサーバーとNetApp FASの違いを確認していきましょう。

OS(オペレーティング・システム)

Windowsファイルサーバー:Windows Sever 2019を搭載。セキュリティに脆弱性が多く、頻繁なアップデートが必要になる。

NetApp FAS:ONTAPを搭載。NetApp独自の搭載なので、セキュリティの脆弱性がなく、サイバー攻撃の被害を受けにくい。

ファイルシステム(破損からリスク有無)

Windowsファイルサーバー:リスクがある。提言によるファイルシステムが破損した場合、チェックサムから回復し、別途ディスクスキャンのプロセスが実行される。以前のバージョンに比べれば回復時間が改善される。

NetApp FAS:停電が発生してもNVRAM上のデータは、内部バッテリーによる整合性が保持した状態で保管されるため、ファイルシステムの破損がない。

クオータ管理

Windowsファイルサーバー:NTFSの場合ユーザー単位。FSRMの場合フォルダー単位。

NetApp FAS:ユーザー単位、Qtree単位、グループ単位での管理が可能。

シンプロビジョニング

Windowsファイルサーバー:仮想ディスクとして物理容量より大きな領域を提供できるが、動的な伸縮が不可能。

NetApp FAS:仮想的なボリュームとして物理容量よりも大きな領域が提供でき、動的に伸縮が可能。

仮想環境におけるプロビジョニング

Windowsファイルサーバー:動的にVHDXの拡大及び縮小が可能。

NetApp FAS:動的にDatastoreの拡大及び縮小が可能。

RAID保護

Windowsファイルサーバー:外付けのストレージが提供するRAID保護に加えて、仮想ディスクを保護するための回復スキーマが必要になる。この回復性スキーマで仮想ディスクの保護をしないと、物理ディスクが故障したタイミングで論理的なデータ損失が発生し、復旧できない。

NetApp FAS:HDD、SSDレベルのRAID6の保護により物理ディスクが故障した場合でもデータ損失が起きない。

SSDによるキャッシュ機能

Windowsファイルサーバー:キャッシュ機能非対応。

NetApp FAS:自動的に、ランダムアクセスの場合はSSDにキャッシュし、シーケンシャルアクセスの場合はHDDを利用することで性能向上とコストのバランスを実現できる。

重複排除機能

Windowsファイルサーバー:32kb~128kbの可変長ブロック単位で重複チャンクをスキャンし、1つのチャンクに格納する。重複除去はシステムの低負荷時に実行する必要があり、あるいはスケジュール設置が可能。ただしインラインは実行不可。

NetApp FAS:4kbブロック単位で重複ブロックを精査し、排除する。インライン・オンラインで重複排除が可能であり、重複データを見極める単位がWindowsファイルサーバーに比べて小さく、排除率が高い。

圧縮機能

Windowsファイルサーバー:オンラインでのみ圧縮可能。

NetApp FAS:インライン・オンラインともにデータ圧縮が可能。

バックアップ

Windowsファイルサーバー:VSS(Volume Shadow-Copy Service)によるバックアップ。

NetApp FAS:VSSと連動し、オープン中のファイルのスナップショットが生成可能。ランサムウェア対策で圧倒的な効果を発揮する。

クローン機能

Windowsファイルサーバー:外付けストレージの機能に依存する。

NetApp FAS:仮想的なクローンボリュームを瞬間的に生成し、クローンボリュームに書き込み、上書きされた時だけ容量が消費される。

データレプリケーション

Windowsファイルサーバー:仮想マシンのレプリケーションで対応。回復サイトにあるHyper-Vサーバーに運用仮想マシンを手動でフェールオーバーでき、仮想マシンはある一時点の状態に、数分以内に回復する。

NetApp FAS:ストレージ筐体間もしくはノード間でレプリケーションが可能。仮想環境ではDatasotoreのレプリケーションを実装でき、Vmware ESXi環境であればSRMとの連携が可能。

ファイル保持ポリシー

Windowsファイルサーバー:ファイルスクリーニングによるポリシーベースで制御する。拡張子情報からファイル本体のヘッダーの確認まではしない。

NetApp FAS:Fpolicyという機能を利用し、拡張子による保存可能可否を設定することができる。

レポート機能

Windowsファイルサーバー:標準で重複するファイル、大きなファイルなどの抽出をし、レポートすることが可能。

NetApp FAS:NEC NIAS等のサードパーティ製ソフトウェアと組み合わせる必要がある。

まとめ

いかがでしょうか?WindowsファイルサーバーとNetApp FASの違いを一挙にご紹介しました。NetApp FASはシステムパフォーマンスを向上するだけのストレージ製品ではなく、ファイルサーバーとして利用することによる、従来のファイル共有環境から脱却し、統合的かつIT管理者の負担を軽減し、コスト削減を実現するファイル共有環境を構築できます。この機会に、NetApp FASをぜひご検討ください。

ネットアップ ストレージ システムズ&ソフトウェア

RELATED POST関連記事


RECENT POST「ファイルサーバー」の最新記事


Windows ファイルサーバー と NetAppとの違い、それぞれの項目で比較
ネットアップクラウドデータサービス
ハイパーコンバージドインフラも新たな世代へ NetApp HCI
NetApp All Flash FAS

RANKING人気資料ランキング

FlexPodクラウドアプライアンス
ブログ購読のお申込み