クラウド バックアップの5つの俗説

エンタープライズ データのバックアップ先としてクラウドが最適である理由

クラウド バックアップの5つの俗説

コスト削減は、依然として、企業がクラウドを導入する主な動機となっているようです。ITエグゼクティブを対象にしたIDGの調査では、クラウドに投資する主なビジネス目標として、総所有コスト(TCO)の削減を挙げた回答者は全体の42%に上っており、あらゆる規模の企業にとって、クラウドを導入する最大の理由となっています。

TCOの削減以外では、ビジネス継続性の強化やオンプレミスの古いテクノロジからの移行が、クラウド導入の理由に挙げられています。ESGの年次調査『IT Spending Intentions Survey』では、データのバックアップとリカバリの強化が、以前から継続的にIT部門の優先課題に挙げられています。

しかし、データ保護のワークロードをクラウドに移行することについては、多くの企業が消極的な姿勢を崩していません。

では、他のクラウド サービスとは違い、企業がクラウドベースのデータ保護の導入に二の足を踏むのはなぜなのでしょうか。本書では、クラウド統合ソリューションによるバックアップとリカバリの向上を阻む5つの俗説を取り上げ、それらが誤りである理由を解説します。

資料ダウンロード