すべての環境に高度な機能を提供し柔軟なIT活用を支援

ハイブリッドクラウド時代に向けたインフラの考え方

すべての環境に高度な機能を提供し柔軟なIT活用を支援

今やクラウドは、企業のIT インフラにおける一般的な選択肢の1つとして定着してきた。

「クラウドファースト」という言葉が最近あまり聞かれなくなってきたのは、その姿勢が珍しいものではなくなってきたからだ。さらに、多くのユーザーはそのクラウドの活用法として、プライベートクラウドと複数のパブリッククラウドを柔軟に使い分ける、ハイブリッドクラウド環境を整えつつある状況にある。

だが、ハイブリッドクラウドは、クラウド間の連携が課題となっており、特に大きな問題となっているのが柔軟なアプリケーションの展開・管理とデータの置き場所だ。コンピューティングリソースが軽快に移動できる存在となり、素早く自由に別の場所へ移せるようになっても、アプリケーションはクラウドごとの仕様に合わせたそれぞれの手順が必要では活用しづらいし、データは依然と鈍重で容易には動かしにくい。

本書では、ハイブリッドクラウド時代のデータ管理のあり方について解説する。

資料ダウンロード