フラッシュとクラウドの連携

ハイブリッドクラウドのデータの制御にデータファブリックが役立つ理由

フラッシュとクラウドの連携

データ管理が現在直面している課題は、新たに登場した第3のプラットフォームと呼ばれるテクノロジ(ソーシャル、モバイル、分析、クラウド)の需要に起因します。この新しいテクノロジのために、企業のデータセンターに用いられてきた従来のデータ管理手法では、時代のニーズに応えられなくなりました。

即応性、変革、コスト削減を望むビジネスに応えるために、IT部門は新しい2つのデータ ストレージ オプションに目を向けました。それが、オンプレミスのオールフラッシュシステムとパブリッククラウドサービスです。ハイブリッド クラウドにはさまざまな導入方法があり、また、コンピューティング、ネットワーク、ストレージのリソースをほぼ無制限にプールできることから、多くの企業で環境のハイブリッド クラウド化が急速に進んでいます。

ハイブリッドクラウド環境のニーズに応えるのは、ネットアップのデータファブリックです。データファブリックを導入すると、最も必要とされる場所でデータに自由にアクセスできるため、即応性とイノベーションが向上します。

 

資料ダウンロード