より自然な言語処理が応用分野を広げる
- 会話型AIのためのデータインフラの構築 -

より自然な言語処理が応用分野を広げる - 会話型AIのためのデータインフラの構築 -

自然言語処理 (NLP) は会話型 AI として知られ、「トーキングロボット」とも呼ばれています。会話型 AI システムは人間のように話し、文脈を理解し、インテリジェントな応答を返します。これはすべて、ディープラーニングの飛躍的進歩により、AIシステムが機械的ではなく、より自然な反応をするようになったおかげです。

しかし、このようなAIモデルは処理される情報が膨大で複雑さを極め、思考と同じスピードで大量のデータを移動する必要があります。本資料では、自然な言語処理を成功させるために求められるインフラのポイントをご紹介します。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード