オブジェクトストレージ環境に適した
ロードバランサの選択

オブジェクトストレージ環境に適したロードバランサの選択

パブリッククラウドでオブジェクトストレージを利用する機会が増えるほど、自社のデータセンターに導入するメリットがより明確になります。パブリッククラウドのオブジェクトストレージを利用することで、コストとパフォーマンスの最適化、規制への準拠、可用性の向上に役立ちます。

ロードバランサは、オンプレミスでのシンプルなクラウド管理の要です。ストレージのエンドポイントに関連付けられた仮想IPアドレスの背後にプールされており、リソースがこのようにシンプルにプール化されているからこそ、クラウドストレージが可能になるのです。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード