新旧2つのデータ世界:両者のメリットを取り入れる

従来のインフラを捨て、ワークロードのイノベーションを促進

新旧2つのデータ世界:両者のメリットを取り入れる

経済がデジタル化した今日、市場や顧客の購買行動は大きく変化しており、多くの人々は、どんな商品でも、いつでもどこでもオンラインで購入 できるのが当たり前だと考えるようになっています。企業のITチームがこ のニーズに応えるためには、業務を支えるミッションクリティカルなレガ シー ワークロードの運用を維持しつつ、ビジネスニーズの変化にすばやく対応できなければなりません。

しかし、企業のIT担当者が日々直面す る数々の運用上の課題は、既存のインフラでは解消が困難です。 企業がこのような課題を解決するには、デジタル変革に取り組む必要が あります。多くのITチームは今、従来型のインフラと「古いデータ世界」 から脱却し、ビジネス ニーズの変化にすばやく対応できる、優れた即応性、 拡張性、予測性、自動化機能を備える柔軟なインフラへの移行を進めて います。ただし、デジタル変革を推進するにあたって、確立された業務プロセスがリスクにさらされたり、耐障害性や信頼性が損なわれたりすることは避けなければなりません。

それでは企業は、どのように次世代のデータセンターを構築すれば良いのでしょうか?本書はその疑問にお答えします。

資料ダウンロード