導入事例:ポリゴン・ピクチュアズ様

ポリゴン・ピクチュアズが、Google Cloud ™上の映像制作パイプライン構築にCloud Volumes ONTAP を採用

導入事例:ポリゴン・ピクチュアズ様

Google Cloud 上で 稼働する本システムには、NetAp pCloud Volumes ONTAP(CVO)が採用され、多様な3DCG制作アプリケーションからのファイルアクセス(NFS/CIFS)を実現。CVOは、優れたデータ圧縮・重複排除およびオブジェクトストレージとのティアリング(自動階層化)により、ストレージシステム全体のコストパフォーマンス向上に大きく貢献しています。

ポリゴン・ピクチュアズでは、「第3世代パイプライン(PPiP3.0)」と「バーチャルスタジオ(vPPI)」からなる次世代制作基盤(T-3)を2022年までに完成させ、世界中のクリエーターを結ぶコラボレーションと、グローバルマーケットを見据えた成長戦略を加速させる計画です。

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード