コンバージドインフラとハイパーコンバージドインフラの適材適所とは?

エンタープライズITの基盤選択のあり方を考える

コンバージドインフラとハイパーコンバージドインフラの適材適所とは?

ここ数年で、「CI(コンバージドインフラ)」と「HCI(ハイパーコンバージドインフラ)」との言葉を目にする機会が格段に増えました。各種クラウドの活用が進む中、両者は企業ITの進化において不可欠な存在となっています。では、企業ITは今後、どのような変貌を遂げようとしているのでしょうか。また、そのために両者は、どんな役割を担うのかを説明します。

また、両者に適した製品であるFlexPodとNetApp HCIについてもより詳しく解説いたします。

資料ダウンロード