RED HAT FORUM TOKYO 2017セッション資料DevOps実現のために必要な真のマルチクラウドプラットフォーム

2017年10月に開催されたレッドハット株式会社主催RED HAT FORUM TOKYO 2017のNetAppセッション資料です。

DevOps実現のために必要な真のマルチクラウドプラットフォーム

市場へのサービス展開を高速化し、シェアを獲得し利益をあげるため、迅速に市場からのフィードバックをサービスへ反映することが企業が生き残るためには必要となってきています。

これらを実現するためのテクノロジーの1つとしてコンテナ技術が注目されているのはご存知のことかと思います。コンテナが持つポータビリティでオンプレミス、クラウド問わず さまざまな環境でアプリケーションを稼働させることが実現され、ここ一年では実運用するために必須となるコンテナオーケストレーションが注目されるようになってきました。

本セッションでは市場動向を踏まえ、アプリケーションを稼働させる際に必須となるデータベースなどの永続化レイヤーのデータをどのように管理していくか、OpenShiftやKubernetes と連携するデータマネジメントのレイヤーについてユースケースを踏まえお話します。

【こんな方にお勧め】

OpenShiftやKubernetesなどを検討されているお客様、複数の環境をまたいだコンテナ運用を検討されているお客様。

資料ダウンロード