ソフトウェア開発サイクルの短縮

ネットアップでDevOpsを 実現する10の理由

ソフトウェア開発サイクルの短縮

デジタル化された今日の世界では、時間や場所に関係なく、あらゆるデバイスを通じて製品やサービスを利用できます。デジタル界を牽引するAmazon、Google、Facebook、Netflix、Airbnbは、技術革新、スピード、品質で他社のモデルとなっていますが、このレベルの信頼性、迅速なサービス提供、優れたカスタマーサービスに慣れてしまった消費者は、別の業界の別の企業のサービスを利用する場合も、当然同じ満足感を期待します。

製品やサービスに付加価値を持たせる上で重要なのがソフトウェアです。特にWebアプリケーションとモバイルアプリケーションは、決定的な違いを生み出します開発者はIT運用に関しては手に負えないことが多いため、運用の管理に精力を割いて関わることは極力避けたいというのが本音です。ITリソースにすばやく簡単にアクセスできれば、それだけで十分便利なのにと考えています。一方IT運用者は、社内のIT環境が、信頼性、可用性、セキュリティの点で高いサービスレベルを常に満たすようにしなければなりません。

開発と運用を連携させるDevOpsは、両者の足並みを揃え、高品質のアプリケーションをすばやく開発、導入することで、優れた競争力の獲得を可能にします。

本書では、ネットアップがDevOpsに最適なデータ管理ベンダーとして選ばれる理由をご紹介します。

資料ダウンロード