医療データは誰のもの?
現場が主導できるデータ活⽤へ

医療データは誰のもの? 現場が主導できるデータ活⽤へ

データストレージ技術最新動向(フラッシュ & 仮想化)や医療データは誰のものなのか、現場が主導できるデータ活用の説明後、導入事例: 鳥取大学病院様の講演資料となっています。

資料の内容は以下の通りです。

  • ネットアップ会社紹介
  • データ ストレージ技術最新動向: フラッシュ & 仮想化
  • 医療データは誰のもの? 現場が主導できるデータ活⽤へ
  • 導⼊事例: ⿃取⼤学病院様
  • セッション サマリー

フォームにご記入のうえ、資料をご確認ください。

資料ダウンロード