特別セミナー「日本におけるコンテナ/Kubernetesの動向と
これから」〜IDCとネットアップが語る。ユーザー企業の動向と
課題の解決策〜

 2021.03.31  ストレージチャンネル編集部

Kubernetesの登場により、コンテナは一部のWeb系企業のものだけではなく、エンタープライズのシステムにおいても活用されるようになってきています。そして、その進化は非常に速く、日々新たな機能が追加され、より利用しやすいものへと進化しています。コンテナはアプリケーション開発の生産性やアプリケーション能力を大きく向上させる技術であり、クラウドネイティブアプリケーションには不可欠です。

今回は、IDC様のアナリストからコンテナ/kubernetesの日本市場の動向と今後の予測を解説いただくとともに、ネットアップからコンテナ/kubernetesを有効活用するソリューションを紹介させていただきます。ここでしか聞けない貴重な情報をご紹介する無料セミナー(事前登録制)です。是非、ご参加をお願いいたします。

開催日時 2021年4月15日 10:00-11:10
開催方法 オンラインセミナー
主催 ネットアップ合同会社
内容
  • 特別講演:IDC Japan 株式会社
    『キャズムを越えて普及期に入ったコンテナ/Kubernetesの最新動向』
    本講演では、コンテナ/Kubernetesを導入している企業の採用状況や導入促進要因、運用における課題などについて、IDCの調査結果と事例を交えながら考察し、導入アプローチにおけるポイントを解説します。
  • ネットアップ講演
    『Kubernetesの運用課題解決に向けて~ネットアップのKubernetes対応最新情報』
    本講演では、最近リリースされたKubernetes環境での永続データのバックアップ/DR、クラスターの監視等のソリューションを提供する製品・サービスについて、その実現方法、ストレージベンダーならではの特徴等について解説いたします。
  • Q&A
申込 事前申込制(無料)
お申し込み/詳細 詳細はこちら

※申込欄にあります「質問とコメント」に、当日、講演者に聞いてみたいことやコンテナ/Kubernetesに関わることなどを記載願います。尚、時間的にいただいた質問に全てご回答出来かねますことご了承願います。